「2012 New環境展」「地球温暖化防止展」に行ってきました

a0111625_18595095.jpg

 先週に引き続いて、今週も東京ビッグサイトへ。
 New環境展および、同時・同会場開催の「地球温暖化防止展」に行ってまいりました。展示スペースが非常に大きく、とても1日では回り切れなかったので(汗)火曜日と木曜日の2回に分けて訪問。おかげさまで、たくさんのブースをしっかりと見て回れて、色々貴重な話も伺えました。


a0111625_193320.jpg

 使用されていたホールは、環境展と地球温暖化防止展とであわせて2ホール。1日目は主に環境展をのブース巡り。建設・土木現場で使われる重機やリサイクルプラントなどの展示が主軸でした。破砕機や重機等の現物を展示されているところも多く、迫力は満点。屋外ブースでの展示もありましたが、この日はあいにくの雨……。少し残念でした。
 そのほか、環境(廃棄物)をテーマにした絵の展示会も行われていました。中には、現役のマンガ家さんたちの作品も!


a0111625_19171147.jpg

 2日目は、主に地球温暖化防止展のブースへ。
 今後、ランドスケープにおいて大きな役割を担うであろう壁面緑化・屋上緑化関連の展示が多く、嬉しい限りです。偏に緑化といっても、使われる植物はコケ・芝・大き目の植物など多彩。植物にストレスを与えないよう、上向きに成長できる造りの壁面緑化など、各社ごとに様々な工夫がなされていました。他には、太陽電池や間伐材を使った建築資材など、CO2削減に向けての多種多様な試みを見させていただき、大いに勉強になりました。


a0111625_19282614.jpg

 企業以外に、大学の研究室などによる展示もありました。
 上の写真は、小さいながらもちゃんとしたビオトープ。メダカ(左下円内、写りが悪くてすみません)とタニシが確認できました。こうした小さなビオトープのユニットを連結させることで、さらに大きな野生生物を呼びこむための試みが進められているそうです。都市緑化に向けて、期待が高まりますね。


 ほぼ歩きっぱなしでさすがに疲れましたが、見応え十分で充実した2日間でした。1日目にあまり見られなかった屋外ブースも、2日目に無事見て回ることができました。「環境の時代」を迎えた今、次年度も更なる発展を願っています。

※上記写真は、ブース担当者の許可を得て撮影したものです
[PR]

by marumo-ld | 2012-05-25 19:37 | 雑記  

<< ローレンス・ハルプリンの連載が... 「朝日 住まいづくりフェア20... >>