建築・建材展に行ってまいりました

先週末は久しぶりに東京ビッグサイトへ!
「建築・建材展」へ行ってまいりました。
景観の専門誌としては無視できないテーマです。先週の開催だったのですが、多忙につき今日まで更新が遅れてしまいました。申し訳ありません……。

a0111625_1949056.jpg

「建築・建材展」は厳密に言うならば「街づくり・店づくり総合展」という大きなくくりの中の1つであり、ビッグサイトでは同日開催として「JAPAN SHOP」「ライティングフェア」などが開かれていました。ただ、全部の会場を1日で見て回ろうとするとさすがにダウンしますので(汗)今回は1つに絞りました。

a0111625_19565250.jpg

建材が主役ということもあって、漆喰を塗る実演展示や住宅の一部分をそのまま再現したかのようなブースなどが目を惹きました。また、昨今の志向を反映してか、環境面への配慮はもはや当たり前。リサイクル素材を用いた建材などが明確に増えてきているのは大変喜ばしいことですね。

中には緑化資材(壁面緑化や屋上緑化など)などの展示も見られましたが、展示全体での割合から見るとこちらはまだ控え目かも?建物の緑化は都心部を中心に着実に増えてきていますが、まだまだ「緑化=建材」という域までは到達していないようです。これからに期待。

環境配慮という面では、こちらも注目。↓

a0111625_20194667.jpg

この辺りは、国産の木材を用いた建築・建材の紹介ブース。
木の香り漂うブース構造は、やはり興味をそそります。
「地産地消」という言葉は一度は耳にされた方も多いと思いますが、要するに地元で取れる資源を地元で消費することで、輸入などに伴う環境負荷やコストを低減しようとする考え方のこと。8割以上は食料品関係で使われているように感じますが、木材においても同じことが言えますね。こうして専用のゾーンが用意されているというのは嬉しいことです。また、間伐材の有効利用方法なども紹介されており、森を活かすという意識が強まってきているのは間違いないようです。

年始から入稿まわりで慌しく、なかなか顔を出せないまま3月に突入してしまいました。年度始めからは魅力的なイベントも増えてくると思いますので、ちょくちょく足を運ぶようにしたいです。あと、イベント関係以外の情報もできれば時間を見繕って載せていきたいところ……。
色々と検討してみたいとおもいます。


【おまけ】
a0111625_20593168.jpg

!?
……もちろん建築・建材展ではなく同会場の別イベントでの展示です。
細かいことは抜きにして、道行く人が皆足を止めるほどの抜群の注目度。
雑誌にもこういう突き抜けたインパクトが必要……かもしれない(汗)。

(文=マルモ出版編集部・中村)
[PR]

by marumo-ld | 2013-03-12 19:46 | 雑記  

<< 「エクステリア・エキシビジョン... エコプロダクツ20112日目 ... >>