「エクステリア・エキシビジョン2013」へ!

東京ビッグサイトで開催された、日本有数規模のエクステリアの展示会「エクステリア・エキシビジョン2013」。エクステリアには「お庭」も含まれますので、弊社雑誌「LANDSCAPE DESIGN」「My GARDEN」の双方に密に関わります。ただ、わずか2日間という限られた期間での開催だったこともあり、金曜日は避けて土曜日に余裕を持って行ってまいりました。

おかげさまで、全てのブースをしっかりと回らせていただくことができました。


a0111625_19415151.jpg

会場の玄関もまた、おしゃれな住宅のエントランス(むしろお庭?)を模したデザイン。ただブースを並べるだけの殺風景なイベントではなく、パッと見での視覚的な楽しさがありました。掴みはOK。


a0111625_1942283.jpg

会場内の様子。
普段のイベントに比べて出展企業数は控え目でしたが、その分出展内容の密度は濃く、展示される商品・技術は多岐にわたりました。各企業、広々とした展示スペースを活かしています。


a0111625_19421088.jpg

高級住宅街を髣髴とさせる展示ブース。


a0111625_19421889.jpg

洋物が主体である中、和のテイストを強調したガーデンの展示も。
石・水・木の魅力が溶け合い、情緒と涼しさをもたらします。

最近の自然回帰を重視した傾向からか、全体的にやはり自然石・自然木などをテーマとしたプロダクツが多く紹介されていたように感じます。天然物を材質としているほか、原材料が別の物ならばデザインで自然のテイストを醸し出すなど、身近に自然を感じられるエクステリア商品がたくさん。こうしたものは維持管理面に難ありと受け取られるケースも多いようですが、出展企業様それぞれが独自にしっかり対策を練られているのもポイント。

一番身近な「自宅」を工夫し、自然と調和するまちづくりを目指す。

これこそ、本展示会に込められた最大のメッセージだったのではないでしょうか。


【おまけ】

a0111625_19423670.jpg


エントランス前の道路に面した壁面緑化。
三角形型の壁面をツル性植物が覆い、緑の壁を形作ります。


a0111625_19425531.jpg


ビッグサイトよりお台場海浜公園方面に向かう道中にて。
広い道路の中央に草原や樹林帯が広がり、この時期はチューリップが綺麗に咲きます。ヒヨドリやツグミなどの野鳥の姿もちらほら。
[PR]

by marumo-ld | 2013-04-15 20:22 | 雑記  

<< 二子玉川公園 開園 建築・建材展に行ってまいりました >>