光の饗宴 ~スマートイルミネーション横浜2013~

a0111625_11123969.jpg
「スマートイルミネーション横浜2013」は、横浜みなとみらい21地区に、
LED照明や太陽光発電による新しい夜景を創出するアートイベントです。
今年で3回目の開催。横浜の街並みが一層美しく演出されます。

昨日、パシフィコ横浜での展示会の帰りに立ち寄ってみました。
上写真は、太陽光パネル一体型LEDを用いたモニュメント。
象の鼻テラス目の前の海域に、巨大な光の時計を作り出しています。
音楽に合わせて光の色や形が変化し、思わず目が離せなくなるモニュメントです。



a0111625_11135173.jpg
象の鼻テラスにて。LEDを用いた作品が展示されています。
ゴミ箱やペットボトルなど、日頃見かける素材をアートに転換したものです。



a0111625_11115736.jpg
架橋下にて。
躍動感のある映像作品が柱に映し出されます。
……写真では伝わりにくいですが。



a0111625_111262.jpg
既存の照明にカラーフィルターを装着し、カラフルな光景観を創出。
同じ電力量で、ごくシンプルな仕掛けだけで夜景に変化を生む試みですね。



a0111625_11121328.jpg
同じくカラーフィルターを用いた事例。
右写真はフィルター部分のクローズアップです。
仕掛けはごく単純ですが、味気ない普段の景観が随分変わっています。
光に限らず、ちょっとしたアクセントで全体像がガラリと変わるケースは
私たちの生活の中にも色々と潜在している……かもしれない。



a0111625_11122580.jpg
山下公園にて。
LEDを用いた『ひかりの実』を園内の樹木に吊るしています。
ここのみでなく、象の花や赤レンガ倉庫などの各所で見られます。



a0111625_11123243.jpg
横浜大さん橋国際客船ターミナル内。
エントランス近くに立つ『ひかりの実』のクリスマスツリーが目を惹きます。

右の「Light Color Cubes」は、その名の通り箱型のライトインスタレーション。
付属のスイッチを押すと光の色が様々に変化します。
2つ見えていますが、奥に見えるのは単に窓ガラスに映っているだけです。
紹介パネルを見てもモチーフが何なのかは明記されていませんでしたが、
どう見てもかつて一世を風靡したアレではないかと(学生層は知らないか?)

余談ですが、私は未だに色を揃えられたことがありません(汗)
頭を使うゲームとかパズルは苦手なので……。



a0111625_11125027.jpg
紫色にライトアップされる神奈川県庁本庁舎。


a0111625_11125775.jpg
こちらは横浜市開港記念会館。
使用されている照明技術は県庁と同じです。
歴史を感じさせる建物のライトアップは、本イベントの大きな見所です。



a0111625_1113476.jpg
赤レンガ倉庫。
海へ続くアプローチで、レーザー光線による演出が楽しめます。



a0111625_11131450.jpg
桜木町~ワールドポーターズを繋ぐ汽車道にて。
1メートル四方程の立方体の中に、新旧の横浜のイメージが影絵で映し出されます。
影絵は回転するように動き、横浜の歴史を映像として今に伝えます。



a0111625_11132080.jpg
同じく汽車道。ランドマークタワーをバックに。
あいにくの天気でタワーの上層部が霞んでしまっていますが、
まあ、雨が降らなかったのは幸いと言えるかもしれません。



a0111625_11132996.jpg
横浜美術館前。
参加者が自転車を漕ぐことで、卵形のモニュメントに光が灯ります。
ゆえに既存電力は一切使用しません。来場者参加型の自家発電プロダクツでございます。
この時は女子高生が5人がかりで頑張っておりました。ご苦労様です。m(_ _)m



a0111625_11133545.jpg
京浜急行の黄金町駅~日ノ出町駅にかけて。
この高架下はかつて売春等が横行し、治安が悪化していましたが、
数年前の一斉摘発を機に変化していき、現在は若手を主体とした
アーティストの集まる街として生まれ変わりつつあります。
今回のイベントにも、ここから多数のアーティストが参加されているようです。


一つひとつの出展は大小問わず様々な趣向があり、なかなか面白みがあります。
これが街全体規模に亘り、ある程度の統一性が生まれれば更に面白いものになるのでは?と
個人的には思います。次年度に期待したいところです。

「スマートイルミネーション横浜2013」は、10月27日(日)まで開催中です。
台風接近により厳しい天気が続きますが、土曜夜には通過しそうな雰囲気ですので
ぜひ一度足を運んでみてください。

ただ、ザッと見て回るだけでも徒歩では3~4時間はかかりますので、その点はご注意を。
それ以前に徒歩で踏破しようとしない方がいいかもしれません。靴底が減ります(汗)


(マルモ出版編集部:中村)
[PR]

by marumo-ld | 2013-10-25 12:35 | 雑記  

<< 本日は晴天なり ~日比谷公園ガ... マルモ出版は、国際エクステリア... >>