東京・八重洲の新しい緑のスポット(京橋トラストタワー)

a0111625_2393656.jpg
昨年ランドスケープデザインのWORKS MOVEMENTで掲載した「京橋トラストタワー」が、3月4日に竣工式を迎えました。都合により式典の取材等はできませんでしたが、式典前の内覧会には参加できましたので、公開空地の様子を簡単にご紹介いたします。

冬場なこともあり、樹木の葉はまだ少なめ。
しかし日本在来の樹木が多く、夏場は武蔵野の雑木林辺りを髣髴とさせる、緑豊かな美しいスポットになりそうです。ベンチも配置され、ちょっとした一休みにピッタリ。ビルの谷間ながら日当たりも良好ですね。


a0111625_2395084.jpg
公道沿いには樹木が並びます。
都内公開空地のオーソドックス・スタイルです。


a0111625_2310588.jpg
下草も豊富に植栽。
やはり夏場が楽しみですね。


a0111625_23105417.jpg
タワー上層部から見下ろす公開空地。
下部が窓ガラスで隠れてしまい、見難くて申し訳ありません。



a0111625_23103729.jpg
タワーから望む八重洲の界隈。別のビルの屋上緑化が何か所か望めます。
弊社発行の「東京緑のハンドブック」でも掲載しました通り、日本橋髙島屋を始めとして八重洲には屋上緑化された施設がかなり多く見られますが、まとまった緑のある公開空地は意外と少ない傾向にありました(少なくとも新宿辺りに比べれば)。それだけに、誰でも気軽に立ち寄れる緑地として、貴重なスポットになるのではないでしょうか。ごく近場には昨年3月に竣工した「東京スクエアガーデン」がありますので、併せて八重洲の「緑」の拠点として、ここからエコロジカル・ネットワークが広がってくれればと期待しております。



a0111625_23113717.jpg
早速、ベンチを利用している方がいらっしゃいました。
[PR]

by marumo-ld | 2014-03-06 23:59 | 雑記  

<< 街づくり・店づくり総合展(東京... 東京デザイン照明展へ >>