カテゴリ:雑記( 31 )

 

「国立環境研究所 公開シンポジウム2012」に行ってきました

a0111625_18293030.jpg


 このシンポジウムは、環境月間である6月に、独立行政法人 国立環境研究所の主催によって毎年実施されています。今年は6/15に東京会場(京都会場では6/22)で開催。「大震災と環境再生 ~災害に立ち向かう環境研究の最前線~」をテーマとして掲げ、東日本大震災からの復興に向けて、環境の視点からの研究成果や新しい技術の提案などが発表されました。

 国立環境研究所は震災より間もなく被災地に入り、災害廃棄物への対策や、適時適切な情報提供などを軸とした貢献活動のほか、仙台・気仙沼・石巻などでの長期的な環境モニタリング調査を行ってきました。ここでの調査結果をもとに、原発からの放射性物質や、津波によって広がった廃棄物などを有効に除去(場合によってはリサイクル)し、環境にやさしい街をつくるための研究を進めています。専門的かつ先端の研究だけに、発表内容については、予備知識ナシでは難しさを覚えた人も多かったかもしれません。しかし、綿密な現地調査によって得られたデータをベースとしているため、被災地の現状やセシウムへの脅威などを「数字」として把握できたことは大きな収穫でした。この手の問題は、ニュースなどの情報だけではどうも漠然としていて実体が見えず、それ故に甘く見たり、あるいは過度に怯えたりと迷走しがちです。それだけに、然るべき専門組織による被災現地での調査結果を知ることは、大変有意義と言えるのではないでしょうか。

 また、壇上での発表の前後には、ポスターセッションも実施。こちらでは震災関連に限らず、生物多様性や温暖化の現状など、環境に関するより広い分野の最新情報や研究成果が発表されていました。ランドスケープに直接的に関わる情報は少なめでしたが、湖沼や河川などにある湿地生態系と放射性物質量の関連性など、目からウロコの情報も満載でした。

 早くも震災から1年3ヶ月が経過しましたが、原発の問題や廃棄物の処理、セシウムやその他の化学物質の飛散など、瓦礫と同様に未だ問題は山積です。より良い形での復興に向けて、今後の更なる研究の進展に期待しています。
[PR]

by marumo-ld | 2012-06-20 18:23 | 雑記  

「2012 New環境展」「地球温暖化防止展」に行ってきました

a0111625_18595095.jpg

 先週に引き続いて、今週も東京ビッグサイトへ。
 New環境展および、同時・同会場開催の「地球温暖化防止展」に行ってまいりました。展示スペースが非常に大きく、とても1日では回り切れなかったので(汗)火曜日と木曜日の2回に分けて訪問。おかげさまで、たくさんのブースをしっかりと見て回れて、色々貴重な話も伺えました。


a0111625_193320.jpg

 使用されていたホールは、環境展と地球温暖化防止展とであわせて2ホール。1日目は主に環境展をのブース巡り。建設・土木現場で使われる重機やリサイクルプラントなどの展示が主軸でした。破砕機や重機等の現物を展示されているところも多く、迫力は満点。屋外ブースでの展示もありましたが、この日はあいにくの雨……。少し残念でした。
 そのほか、環境(廃棄物)をテーマにした絵の展示会も行われていました。中には、現役のマンガ家さんたちの作品も!


a0111625_19171147.jpg

 2日目は、主に地球温暖化防止展のブースへ。
 今後、ランドスケープにおいて大きな役割を担うであろう壁面緑化・屋上緑化関連の展示が多く、嬉しい限りです。偏に緑化といっても、使われる植物はコケ・芝・大き目の植物など多彩。植物にストレスを与えないよう、上向きに成長できる造りの壁面緑化など、各社ごとに様々な工夫がなされていました。他には、太陽電池や間伐材を使った建築資材など、CO2削減に向けての多種多様な試みを見させていただき、大いに勉強になりました。


a0111625_19282614.jpg

 企業以外に、大学の研究室などによる展示もありました。
 上の写真は、小さいながらもちゃんとしたビオトープ。メダカ(左下円内、写りが悪くてすみません)とタニシが確認できました。こうした小さなビオトープのユニットを連結させることで、さらに大きな野生生物を呼びこむための試みが進められているそうです。都市緑化に向けて、期待が高まりますね。


 ほぼ歩きっぱなしでさすがに疲れましたが、見応え十分で充実した2日間でした。1日目にあまり見られなかった屋外ブースも、2日目に無事見て回ることができました。「環境の時代」を迎えた今、次年度も更なる発展を願っています。

※上記写真は、ブース担当者の許可を得て撮影したものです
[PR]

by marumo-ld | 2012-05-25 19:37 | 雑記  

「朝日 住まいづくりフェア2012」に行ってまいりました

a0111625_1515019.jpg

 5/18(金)より東京ビッグサイトで「朝日 住まいづくりフェア 2012|住宅設備・建材EXPO 2012」が3日連続で開催されました。さっそく初日に行ってまいりましたが、先日の西武ドーム(国際バラとガーデニングショウ)に続いて大変な賑わいぶり。建築・建材・不動産関係の方を始め、幅広い業界・年齢層の方が一堂に会していました。



a0111625_151909.jpg

 受付を済ませてさっそく会場内へ。出展内容は「注文住宅」「住宅設備・建材」「スマートハウス」「住宅リフォーム」「ガレージング」の5つのジャンルに分かれており、この内スマートハウス関連の展示は国内初開催です。太陽光発電や蓄電池等を用いてエネルギーを管理・制御するシステムなど、次世代に向けての新しい住宅の形が紹介されていました。
 出展者の多くが建築・建材業界の方だけに、模型等の展示はもちろん、ブースひとつを採っても「おっ」と目を引くものが多かったです。大型のブースでは座席が並べられ、出展者による講義なども催されていました。



a0111625_15205917.jpg

 ここは「住まいの環境デザイン・アワード2012」の優秀作品展示ブース。近年の環境に対する意識の高まりもあり、省エネや自然をとり入れた施工例が多く見られました。また、景観という視点から見ても優秀なものばかりです。ぜひ一度、実物の建築を見てみたいものですね。



a0111625_15311782.jpg

 工具を使った実演をしているブースもありました。右の写真は、来場者による「かんな」の使用体験。やはり苦戦していました。その後、職人の方が自ら見本を見せると、ギャラリーからは感嘆のため息と拍手喝采! 匠の技には脱帽するばかりです。



a0111625_15352789.jpg

 とりわけランドスケープに強く関わってくる「住宅設備・建材」の紹介スペースは、特に念入りに回って参りました。景観面や環境に配慮した外壁や、床面の緑化、塗装材、エクステリアを彩る設備の数々……。自分の住宅に導入されたシーンを思い描くと、それだけでワクワクしてきます。出展者の皆さまからは熱心に展示内容の説明をしていただきましたが、初めて聞くタイプのサービスも多く、大変勉強になりました。

 開会から終了時刻(17:00)まで歩き回り、どうにか全てのブースを見て回ることができました。建築・建材業界は日々進化を続けていますし、今から次年度が楽しみですね。



a0111625_1541070.jpg≪おまけ≫
 これは展示会場前をウロウロしていたムクドリ。
 1羽だけならかわいいものですが、近年都心部で大量に発生して問題になることも多い鳥です。本年度の会場でも、ムクドリ対策用の仕掛けなどが紹介されていましたが、そこの出展者の方曰く「安易に鳥にエサをあげてしまうことが一番の問題」とのことでした。もっともな話です。
[PR]

by marumo-ld | 2012-05-21 15:48 | 雑記  

第14回 国際バラとガーデンショウ

a0111625_20411287.jpg

 毎年開催される「国際バラとガーデンショウ(会場:西武ドーム)」に、今年も行ってまいりました。心配だった天候にも恵まれ、駅前からドームまでは見事な盛況ぶり。バラを始めとした色とりどりの花が迎えてくれました。入口までの通りにも販売・展示のブースがズラリと並びます。所々に配置された鉢や展示ブースのデザインが中世ヨーロッパを彷彿とさせ、ふと、日本にいることを忘れてしまいました。


a0111625_2034324.jpg




バラに囲まれたカフェ。
甘い香りが漂います。

a0111625_2037587.jpg




        みつを求めて、チョウもやってきました。
                  (写真はセセリチョウ)


a0111625_2045186.jpg

 いざ会場の中へ。販売ブースと展示ブースがほぼ50:50の割合で並んでいました。
 販売ブースではバラの花を始めとして、ハサミやジョウロなどの園芸用品、ベンチなどのガーデンファニチャー、天然物由来で環境にやさしい肥料や園芸薬品、バラをモチーフとしたアパレル商品や香料、飲料やジャム、雑貨など、商品のバリエーションは実に豊富です!(とてもここでは書ききれません!) どこのブースにも、熱心に商品の説明をする担当の方と、真剣に耳を傾けるガーデン愛好家の皆さんの姿が。鮮やかな色彩と活気にあふれた空間でした。



a0111625_20583972.jpg

 今度は展示ブースへ。
 バラを主役としたガーデン展示が多いのに合わせ、ヨーロピアンな街灯を配置するなどの工夫がなされています。出展者は企業や大学生などさまざまですが、その展示内容も多彩です。おとぎ話のようなかわいらしいお庭に、アヤメなどを軸とした落ち着いた日本庭園、あたかも数千年の時を経たかのような古代遺跡風の庭園など、観る人を飽きさせません。
 嗚呼、我が家の庭もこういうふうにしたい!!


a0111625_2155357.jpg

 東京都心部をイメージしたガーデン。
 東京タワー、首都高、高層ビル群などが見られます。
 来年は、やはりスカイツリーも加わるのでしょうか? 楽しみです。



a0111625_2152583.jpg

 オープンな西武ドームならではというか、会場内にも小さなお客さん(?)が。
 彼らにしてみれば、あちこちに「ごちそう」が並んでいるようなものですよね。さすがにハチには驚かれた人も多かったようですが、日頃草花に親しむ中で慣れているのか、乱暴に追い払われたりすることはありませんでした。(左:クロアゲハ、右:ミツバチ)


a0111625_2192131.jpg

 最近では生物多様性への注目が集まっていますが、ここの会場にも、多くの生きものをはぐくむ「里山」をモチーフにした展示ブースがありました。ミニ田んぼの中で元気に泳いでいるのは、近年数が少なくなってきているアカガエルのおたまじゃくし。いずれは自然に帰されるそうです。


a0111625_21104362.jpg 5時間以上も歩き回って、ようやく帰路へ。さすがに疲れましたが、気持ちは晴れやか。バラを軸とした花々が織り成す豊かな色彩と、細部にまでこだわったガーデンデザイン、数々の園芸商品に、出展者の皆さんの活気……さまざまな要素が組み合わさって、なんとも心地よい空間をつくりあげていました。

 来年もまた、必ず行かせていただきます!
[PR]

by marumo-ld | 2012-05-17 21:14 | 雑記  

GISNEXT×LDコラボ企画 新春座談会

こんにちは。

もう1月の半ばですね。
早いですね〜。
紅白で鶴舞う小林幸子さんを目にしたのが
昨日のことのようですw。

さて、今日は12日に行われた特別新春座談会の模様をお伝えします。
この座談会は、GISNEXT誌と弊誌のコラボレーション企画としてtwitter上の対話から生まれた企画です。
「ランドスケープデザインと地図のツナガリ」と題し、
ラ系(ランドスケープ系)から、石川初さんと篠沢健太さん、
ジオ系(地図系)から、石川剛さんと古橋大地さん、の計4名で話しました。

a0111625_13113869.jpg

左から/篠沢健太さん、石川初さん、石川剛さん、古橋大地さん

会場はアーツ千代田3331のバイテンで、
木の温もりに溢れるアットホームな教室風のスペースでの公開収録。
10名ほど観客が見守るなか、約2時間半の座談会となりました。

この座談会に関するtwitter上のつぶやきは、
こちらをご覧下さい。
記事に関しては、GISNEXT誌の1月26日発売号にて掲載されます。
待ち遠しいですね!

今後、GISNEXT×LDのコラボ企画を勢力展開していく予定です。
今回会場に来れなかった人も、次は一緒に地図を片手に外へ繰り出しましょう!
企画が決まり次第、twitterでお伝えします。

おたのしみに〜☆

副編より
[PR]

by marumo-ld | 2011-01-14 13:22 | 雑記  

【LD編集部ブログ】LD76号の見所紹介☆その2

こんばんは。
今日が仕事納めの方は多いと思います。
皆さん、一年ご苦労さまでした☆
私も、このブログを書いたらひとまずはお休みです。
なので、大事に大事にお伝えしていきますね。

さて、予告したとおり、今回はLD76号の進士五十八先生による
「日本のランドスケープアーキテクト」についてご紹介します。
もう本誌をご覧になっている方はご存知だと思いますが、
今回が最終回となります。
その最後を飾るのは、女性でランドスケープアーキテクトとして活躍する、
東大の石川幹子先生です。

a0111625_22394732.jpg


石川先生へのインタビューは、東大の研究室で行われました。
進士先生と石川先生は学会や各種委員会などで頻繁にお顔を合わせているのもあって、
インタビューは和やかなムードで始まりました。

最初は、いつも対談者の方に用意いただいている原風景メモを元に話を進めて行きます。
これは、進士先生が原稿を書く上で書かせない素材となります。
幼少期に過ごした風景、成長するとともに移り変わる風景、
それらはおおよそその方の現在の作品性に影響していることが多いというのが進士先生の考えです。
そこで、毎回対談者の方にはA4用紙に2〜3枚ご自身の言葉でこれまでの生涯を振り返っていただきます。

今回、石川先生のメモは「メモ」と言い切れないほど、まるで小説のようでした。
幼少期は蟲愛ずる姫君だったこと、アメリカの大学留学先でご主人との出会い、、、そして別れ。
大学院に入り、『都市と緑地』の出版…。
その後のご活躍は周知のとおりだと思います。
詳しくは本誌をご覧いただくとして、
進士先生も最大の愛とパワーをそそいだ最終回は、
本当に、素晴らしい内容となっています。

近年では、ランドスケープデザインの業界でも多くの女性が活躍するようになりました。
しかし、結婚や出産を経て仕事を続けていくハードルはなかなか低くはなりません。
仕事と家庭、やりがいと生活、さまざまな悩みをかかえながらも持ち前の負けん気と明るさで
なんとか毎日を乗り切っているというのが現状だと思います。
そんな方たちにこそ、この記事は読んでいただきたいです。

若くして結婚し、三人のお子さんを育てながらも、現役でランドスケープ・アーキテクトとして
世界を股にかけて活躍している石川先生に、必ず元気と勇気をもらえるはずです。

がんばる可憐な女性ランドスケープ・アーキテクトに送る進士連載最終回。
ぜひご覧ください!

a0111625_2317455.jpg

石川先生と進士先生


ご注文はこちらから


さらに…

余談ですが、
この連載とともに私副編は歩んできたといっても過言ではありません。
進士先生には、常に人間の多様性について教えられました。

どんな人でもそれぞれに違う原風景を持ち、違う道を歩んできている。
生きる道に正解なんてない。
ランドスケープデザインは、その人が表れるもの。
だから、作品だけではなくその人も評価するべき。
学生にはもっと自由にランドスケープをとらえてほしい。
固定概念ではなく、自分なりのランドスケープデザインを生み出してほしい。
造園ばっかりやってたんじゃランドスケープ・アーキテクトなんて言えないよ。


そんな進士流ランドスケープ論を、取材の道中でたくさん語ってくださいました。
私は、進士先生にランドスケープデザインを学んだのです。
それは、とても自由で人間味のあるランドスケープの思想です。

進士先生とは、計22回。およそ3年間ご一緒させていただきました。
これでもう次はないかと思うと、ほっとした反面、やっぱり寂しいです。
また、読者のみなさんによい企画がお届けできるようがんばります!!

「日本のランドスケープ・アーキテクト」を毎回楽しみにしてくださった皆さん、
そして、進士先生、
ありがとうございました!!!


a0111625_2320624.jpg

佐野藤右衛門氏のご自宅の前で、進士先生とわたしと佐野さん。
取材は常に笑いが絶えないものでした☆



おない
[PR]

by marumo-ld | 2010-12-28 23:31 | 雑記  

【LD編集部ブログ】LD76号の見所紹介☆その1

こんばんは。
きょうはクリスマス・イブですね〜☆
みなさん、いかがお過ごしでしょうか。
今日は、12月22日に発売されました、
ランドスケープデザイン誌76号の見所を紹介したいと思います。
雑誌がどのようにつくられていったか、特別公開です!!

a0111625_219390.jpg

特集:都市緑化とリノベーション

ラインナップ:01ハイライン
a0111625_2017258.jpg


これは、studio-L山崎亮さんの旅の報告を受けて企画されました。
山崎さんには、「状況のつくり方」の連載企画を通じて、
ランドスケープデザインにはマネジメントが不可欠であることを勉強させていただいているのですが、
その山崎さんが、ハイラインはハード面とソフト面のデザインが兼ね備わった空間だ!と言われているのを聴き、
じゃあ、使われ方や運営の面からハイラインのデザインを紹介しましょう!
といって企画が始まりました。(案外企画は勢いです。w)
ハイラインの寄稿には、山崎さんのほか、
設計を担当したフィールド・オペレーションズに務める別所力さんや、
京都大学の大学院でハイラインの歴史研究をしている木村優介さんにお手伝いいただきました。
なかなか、他の建築雑誌では形態の話はあっても、現状のマネジメントの話まで網羅されていないので、
ランドスケープデザイン誌を読んでいただければ、ハイラインがどのように運営維持されているのか、
ヒントをいっぱい拾っていただけると思います。
NPOや指定管理などのテーマをお探しの方にもぴったりです☆

ラインナップ:02韓国(西ソウル湖公園、仙遊島公園)
a0111625_20362765.jpg

韓国からは西ソウル湖公園、仙遊島公園の2事例紹介しています。
こちらはコラムでもご紹介しているのですが、
ランドスケープ・アーキテクトの三谷康彦さん(MLS)、野口健一郎さん(鳳コンサルタント環境デザイン研究所)、高橋靖一郎さん(LPD)、篠沢健太さん(大阪芸術大学)の4名が
韓国へランドスケープ事例の見学ツアーを行ったときのことを、レポ−トとしてまとめていただいています。
韓国のお国柄もあってか、デザインには伝統的なテキスチャーと最新技術とがうまく組合わさった
ランドスケープが展開されています。
ぜひこちらもお楽しみください!

また一方で、最近リノベーションという言葉がよく聴かれますが、
ランドスケープデザインから見たとき、リノベーションはどうとらえることができるのかは、
編集部にとって、大きな興味の対象でした。
最近は、建築の改修に合わせて外構・屋外空間までリ・デザインし、
リニューアルをはかる大学やオフィスビルの事例を多く見かけますが、
そのとき大きなイメージチェンジに役立っているのは、緑の存在ではないか。
建築のストックを利活用しながら、緑によって新しいイメージをつくり出す、
それがこれからの都市の在り方を変えて行くのではないか。
そういうことを編集部としてランドスケープデザインの視点をもって伝えたいと企画しました。

そこで、今回は、リノベーションや不動産価値について、建築家の新堀学さんや田村誠邦さん(アークブレイン)に
コラムとしてご寄稿いただきました。
ランドスケープの観点を踏まえつつ、わかりやすくいまの状況を説明していただいているので、
おすすめです!!

そのほか、東邦レオさんやリビタさんによる、
「都市緑化とリノベーション」をテーマに、不動産の所有価値を高めるビジネスの組み立て方や、
それを元にしながらどのようにコミュニティデザインを展開していくのかなど、
事業担当者や設計担当者の方にインタビューでお聴きしました。
リノベーションは、これからのビジネスとしてのチャンスが大きく広がっていくと思うので、
設計者、プランナーなど業種にかからずヒントの多い内容になっていると思います。


以上、特集についての見所紹介でした〜
次回は今号で最終回となった進士連載についてお伝えします。
お楽しみに!!

ではみなさん、MERRY CHRISTMAS☆☆


おない
[PR]

by marumo-ld | 2010-12-24 21:07 | 雑記  

グリーティングメール

おはようございます♪
今日はアメリカのランドスケープデザイン事務所
GUSTAFSON GUTHRIE NICHOLの所員さんから
素敵なグリーティングメールが届きました☆

メールに貼られた写真にぐっときてしまったので、
みなさんにもお伝えしたいなと思いました!
a0111625_4365139.jpg


ね、とっても素敵☆

22日にはランドスケープデザイン76号が発売になります。
それは編集部からのクリスマスプレゼント?ということでw

今日もよい一日でありますように。


おない
[PR]

by marumo-ld | 2010-12-21 04:41 | 雑記  

出張の報告

こんばんは。
副編のおないです。
今日はとっても寒かったですね。
私は昨日まで関西に居たのですが、
芯まで堪える寒さで、凍えながら撮影をしていました。

さて、ちょっぴり雑記として出張報告。
12〜15日まで東京を離れていました。

12日は豊橋市・保健所/保健センターへ見学。
充実した施設機能と、広々とした庭が印象的でした。
午後は名古屋市内で書店まわり。
名古屋のランドスケープ・アーキテクトさんに教えていただいた、
正文館書店さんは、とっても個性的なお店で、
品揃えも通な感じでした。
また行ってみたいです。

13日は午前中は京都の桂川に行き、
地元で腕を振るう造園家さんのお庭を見学してきました。
お邪魔したのは、斉藤造園さん。
おじいさまから代を受け継ぎながら、
20代の若い職人を育てていこうという姿勢に感銘を受けました。
午後は、京都造園協同組合主催の連続公開講座、最終回に参加。
最後は植芳造園の代表井上剛宏氏によるレクチャーで、
京都の庭の心について、実作を元に紹介していただきました。
夜は関西を中心に活躍するランドスケープ・アーキテクトさんたちの集いに参加。
ま、飲み会なんですけど。笑
職人さんの屈託ない笑顔に元気をもらいました。

14日は西本願寺へ。
この日は史跡美術同好会の見学会もあり、
主催者の方のご好意で一緒に参加させていただきました。
(写真がそのときの様子)
このお庭を管理しているのが京都にある花豊造園さん。
社長の山田拓広さんは、現在京都造形芸術大学の大学院にも通われ、
庭園研究に励んでいるそうです。
庭園の復元修復に携わる事の多い造園家として歴史を勉強するべきだ。
という気持ちで続けられているとか。
夜は前々から行ってみたかった、宇多野ユースホステルへ。
施設は新しくて居心地の良く、かつ安く、おすすめです。

15日は早朝から撮影。
京都の聖母女学院のリニューアル整備計画を取材。
心から凍える一日に何度もくじけそうになりました。
夕刻のライトアップはカメラマンさんにお任せし、
早めに帰京。
4日ぶりの我が家へと戻りました。

長い旅路では、たくさんの出会いがあり、
その出会いがまた、私を次の出会いへと向わせます。

いつもありがとうございます。
明日は来年の企画を決める編集会議です!


おない
a0111625_23402265.jpg

[PR]

by marumo-ld | 2010-11-16 23:45 | 雑記  

懐かしい風景

こんばんは!
みなさんお元気ですか?副編です。
こちらは締め切りがあと10日と迫り、
息を吸っているのか疑うほどタイピングしています。
怖いこわい。

さて、そんな荒んだ毎日に潤いを与える出来事。

先日、会社のベランダの外から何やら聞き覚えのある音が聞こえ、
窓を開けて見下ろして見ると、隣の小学校ではマーチングの練習をしていました。
懐かしい!
というのも、私は小学生の頃にマーチングバンドに所属していたんです。
担当はトロンボーン。
手が長いからという理由でした。笑

最初はなかなか聞きがたかった鈍い管楽器の音も、
一週間後には驚くほど上達していて、
生徒一人ひとりの意識がつながってきたなー、
自信ついてきたなー
というのが伝わってきて嬉しくなってしまいました。

本番はベストな演奏であるよう祈っているぞ!キッズたち!
a0111625_2143029.jpg

[PR]

by marumo-ld | 2009-10-01 21:42 | 雑記