<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

日本造園学会全国大会のお知らせ

つづいては、
5月21日〜24日までに行われる、日本造園学会全国大会のお知らせです。
http://www.landscapearchitecture.or.jp/dd.aspx?itemid=1928&efromid=0
こちらの掲載内容から、弊誌にご協力していただいている方の会の告知をさせていただきます。

<日本造園学会>(@名城大学天白校舎共通講義棟北)
5月22日 11:00〜12:30 N103講義室
ミニフォーラム
「都市・地域づくりにおける生物多様性保全・回復とRLAの役割」
企画責任者:板垣範彦(㈱愛植物設計事務所)、大橋幸雄(㈱戸田芳樹風景計画)、
平賀達也(㈱ランドスケープ・プラス)、向山雅之(㈱竹中工務店)、八色宏昌(㈱グラック)
発表者:平賀達也(㈱ランドスケープ・プラス)、小木原吏香(名古屋市環境局)、石浦薫(NPO法人市民まちづくり風の会)、篠沢健太(大阪芸術大学)

5月24日 時間:12:30〜14:30 第三会場(1103)
分科会
「エコロジカルデザイン論」
企画責任者:倉本宣(明治大学農学部)、大澤啓志(日本大学生物資源科学部)
春田章博(㈱環境・グリーンエンジニア)、趙賢一(㈱愛植物設計事務所)
八色宏昌(㈱グラック)、並木崇(㈱グラック)
発表者:倉本 宣(明治大学農学部)、勝野武彦(日本大学生物資源科学部)、養父志乃夫(和歌山大学システム工学部)、山本紀久(㈱愛植物設計事務所)、田瀬理夫(㈱プランタゴ)

5月24日 時間:14:45〜16:45 第三会場(1103)
分科会
「アーバニズム”とどう向き合うか? その8」
企画責任者:高橋靖一郎(LPD)、石川初(ランドスケープデザイン)、木下剛(千葉大学)
発表者:一ノ瀬友博(慶應義塾大学環境情報学部)、板川暢(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科)、八色宏昌(株式会社グラック)、木下剛(千葉大学大学院園芸学研究科)

また、URBIOと造園学会共同の国際シンポジウムもあります。

<URBIOと日本造園学会共同企画>(@名城大学天白校舎共通講義棟北)
日時:2010年5月22日(土) 14:00〜16:30 N101講義室
国際シンポジウム
「都市と里地里山」
 プログラム:
  14:00-14:10  開会挨拶(丸山宏大会実行委員会委員長)
  14:10-14:30 基調講演1 「ヨーロッパ(又はスウェーデン)における都市と里地里山的なランドスケープ」
        Thomas Elmqvist  (Stockholm Resilience Centre, SWEDEN)
  14:30-14:35 質疑応答
  14:35-14:55 基調講演2 「日本における里地里山と都市」
        武内和彦 (日本造園学会会長/国連大学副学長)
  14:55-15:00 質疑応答
  15:00-15:10 休憩
  15:10-16:20 パネルディスカッション
        ファシリテーター(涌井雅之COP10協力委員会委員長)
井上忠佳(URBIO2010共同議長、中部支部支部長)
中瀬勲(兵庫県立大学/人と自然の博物館)
深町加津枝(京都大学大学院地球環境学堂)
16:20-16:30  閉会挨拶 高梨雅明(日本造園学会副学会長)

その他の発表の内容もとても興味深いものばかりなので、
ぜひこの機会に、URBIOと日本造園学会と、名古屋を満喫してください。

http://www.landscapearchitecture.or.jp/secure/1930/%8C%A4%8B%86%94%AD%95¥%89%EF%83v%83%8D%83O%83%89%83%80.pdf
[PR]

by marumo-ld | 2010-05-18 16:12  

URBIO2010のお知らせ

みなさんこんにちは。長らくブログをお休みしておりましたが、
今回は5月のイベント情報をお届けしたいと思います。
まず一つ目は、5月18〜22日に名古屋市で開催される国際会議「URBIO2010」(都市における生物多様性とデザイン)です。
詳細はこちら
http://www.jilac.jp/URBIO2010/ja/doku.php

弊誌に協力いただいた方々の参加の告知をさせていただきます。
この機会にぜひ生の声を聞いていただけるといいなと思います。


<URBIO 2010>(@ウィンクあいち)
5月21日 10:20〜11:50 Room1102
セッション6
「人と自然の共生に向けたランドスケープアーキテクトのあり方」
企画責任者:板垣範彦(㈱愛植物設計事務所)、大橋幸雄(戸田芳樹風景計画)、
平賀達也(ランドスケープ・プラス)、向山雅之(竹中工務店)、八色宏昌(グラック)
発表者:篠沢健太(大阪芸術大学)、アンドレアス・ランガー(Planland)、友澤集(東京急行電鉄㈱)、山本紀久(㈱愛植物設計事務所)、伊東啓太郎(九州工業大学)

5月21日 10:20〜11:50 WINC Hall
セッション8
「生物多様性型都市デザインへの企業参画」
企画責任者:小松尚美((財)都市緑化基金)
発表者:上野芳裕((財)都市緑化基金)
「都市の生物多様性におけるSEGES(社会・環境貢献緑地評価システム)の意義」
原口真(三井住友海上火災保険㈱(インターリスク総研))
「三井住友海上の生物多様性保全への取組のひとつとしての駿河台ビル」
池上博身(トヨタ自動車)
「トヨタの森における環境緑化・環境教育活動について」
加賀真(ソニーイーエムシーエス㈱東海テック幸田サイト)
「『ソニーの森』を活用した従業員参加の生物多様性への取組み」
畠山義彦(富士通)
「都市近郊生態系ネットワークの構築に向けて」
三輪隆(竹中工務店)
「企業が使用し管理する緑地などの土地利用を評価する試み」


5月21日 14:20〜15:50 Room 1103
セッション4「沢田湧水地・湿地を順応的に管理するための手順書について」
企画責任者:浅枝隆(埼玉大学大学院)
発表者:鈴木広子、外崎公知((財)都市緑化技術開発機構)ほか
[PR]

by marumo-ld | 2010-05-18 16:07 | LD編集部からのお知らせ