<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

【LD編集部ブログ】LD76号の見所紹介☆その2

こんばんは。
今日が仕事納めの方は多いと思います。
皆さん、一年ご苦労さまでした☆
私も、このブログを書いたらひとまずはお休みです。
なので、大事に大事にお伝えしていきますね。

さて、予告したとおり、今回はLD76号の進士五十八先生による
「日本のランドスケープアーキテクト」についてご紹介します。
もう本誌をご覧になっている方はご存知だと思いますが、
今回が最終回となります。
その最後を飾るのは、女性でランドスケープアーキテクトとして活躍する、
東大の石川幹子先生です。

a0111625_22394732.jpg


石川先生へのインタビューは、東大の研究室で行われました。
進士先生と石川先生は学会や各種委員会などで頻繁にお顔を合わせているのもあって、
インタビューは和やかなムードで始まりました。

最初は、いつも対談者の方に用意いただいている原風景メモを元に話を進めて行きます。
これは、進士先生が原稿を書く上で書かせない素材となります。
幼少期に過ごした風景、成長するとともに移り変わる風景、
それらはおおよそその方の現在の作品性に影響していることが多いというのが進士先生の考えです。
そこで、毎回対談者の方にはA4用紙に2〜3枚ご自身の言葉でこれまでの生涯を振り返っていただきます。

今回、石川先生のメモは「メモ」と言い切れないほど、まるで小説のようでした。
幼少期は蟲愛ずる姫君だったこと、アメリカの大学留学先でご主人との出会い、、、そして別れ。
大学院に入り、『都市と緑地』の出版…。
その後のご活躍は周知のとおりだと思います。
詳しくは本誌をご覧いただくとして、
進士先生も最大の愛とパワーをそそいだ最終回は、
本当に、素晴らしい内容となっています。

近年では、ランドスケープデザインの業界でも多くの女性が活躍するようになりました。
しかし、結婚や出産を経て仕事を続けていくハードルはなかなか低くはなりません。
仕事と家庭、やりがいと生活、さまざまな悩みをかかえながらも持ち前の負けん気と明るさで
なんとか毎日を乗り切っているというのが現状だと思います。
そんな方たちにこそ、この記事は読んでいただきたいです。

若くして結婚し、三人のお子さんを育てながらも、現役でランドスケープ・アーキテクトとして
世界を股にかけて活躍している石川先生に、必ず元気と勇気をもらえるはずです。

がんばる可憐な女性ランドスケープ・アーキテクトに送る進士連載最終回。
ぜひご覧ください!

a0111625_2317455.jpg

石川先生と進士先生


ご注文はこちらから


さらに…

余談ですが、
この連載とともに私副編は歩んできたといっても過言ではありません。
進士先生には、常に人間の多様性について教えられました。

どんな人でもそれぞれに違う原風景を持ち、違う道を歩んできている。
生きる道に正解なんてない。
ランドスケープデザインは、その人が表れるもの。
だから、作品だけではなくその人も評価するべき。
学生にはもっと自由にランドスケープをとらえてほしい。
固定概念ではなく、自分なりのランドスケープデザインを生み出してほしい。
造園ばっかりやってたんじゃランドスケープ・アーキテクトなんて言えないよ。


そんな進士流ランドスケープ論を、取材の道中でたくさん語ってくださいました。
私は、進士先生にランドスケープデザインを学んだのです。
それは、とても自由で人間味のあるランドスケープの思想です。

進士先生とは、計22回。およそ3年間ご一緒させていただきました。
これでもう次はないかと思うと、ほっとした反面、やっぱり寂しいです。
また、読者のみなさんによい企画がお届けできるようがんばります!!

「日本のランドスケープ・アーキテクト」を毎回楽しみにしてくださった皆さん、
そして、進士先生、
ありがとうございました!!!


a0111625_2320624.jpg

佐野藤右衛門氏のご自宅の前で、進士先生とわたしと佐野さん。
取材は常に笑いが絶えないものでした☆



おない
[PR]

by marumo-ld | 2010-12-28 23:31 | 雑記  

【LD編集部ブログ】LD76号の見所紹介☆その1

こんばんは。
きょうはクリスマス・イブですね〜☆
みなさん、いかがお過ごしでしょうか。
今日は、12月22日に発売されました、
ランドスケープデザイン誌76号の見所を紹介したいと思います。
雑誌がどのようにつくられていったか、特別公開です!!

a0111625_219390.jpg

特集:都市緑化とリノベーション

ラインナップ:01ハイライン
a0111625_2017258.jpg


これは、studio-L山崎亮さんの旅の報告を受けて企画されました。
山崎さんには、「状況のつくり方」の連載企画を通じて、
ランドスケープデザインにはマネジメントが不可欠であることを勉強させていただいているのですが、
その山崎さんが、ハイラインはハード面とソフト面のデザインが兼ね備わった空間だ!と言われているのを聴き、
じゃあ、使われ方や運営の面からハイラインのデザインを紹介しましょう!
といって企画が始まりました。(案外企画は勢いです。w)
ハイラインの寄稿には、山崎さんのほか、
設計を担当したフィールド・オペレーションズに務める別所力さんや、
京都大学の大学院でハイラインの歴史研究をしている木村優介さんにお手伝いいただきました。
なかなか、他の建築雑誌では形態の話はあっても、現状のマネジメントの話まで網羅されていないので、
ランドスケープデザイン誌を読んでいただければ、ハイラインがどのように運営維持されているのか、
ヒントをいっぱい拾っていただけると思います。
NPOや指定管理などのテーマをお探しの方にもぴったりです☆

ラインナップ:02韓国(西ソウル湖公園、仙遊島公園)
a0111625_20362765.jpg

韓国からは西ソウル湖公園、仙遊島公園の2事例紹介しています。
こちらはコラムでもご紹介しているのですが、
ランドスケープ・アーキテクトの三谷康彦さん(MLS)、野口健一郎さん(鳳コンサルタント環境デザイン研究所)、高橋靖一郎さん(LPD)、篠沢健太さん(大阪芸術大学)の4名が
韓国へランドスケープ事例の見学ツアーを行ったときのことを、レポ−トとしてまとめていただいています。
韓国のお国柄もあってか、デザインには伝統的なテキスチャーと最新技術とがうまく組合わさった
ランドスケープが展開されています。
ぜひこちらもお楽しみください!

また一方で、最近リノベーションという言葉がよく聴かれますが、
ランドスケープデザインから見たとき、リノベーションはどうとらえることができるのかは、
編集部にとって、大きな興味の対象でした。
最近は、建築の改修に合わせて外構・屋外空間までリ・デザインし、
リニューアルをはかる大学やオフィスビルの事例を多く見かけますが、
そのとき大きなイメージチェンジに役立っているのは、緑の存在ではないか。
建築のストックを利活用しながら、緑によって新しいイメージをつくり出す、
それがこれからの都市の在り方を変えて行くのではないか。
そういうことを編集部としてランドスケープデザインの視点をもって伝えたいと企画しました。

そこで、今回は、リノベーションや不動産価値について、建築家の新堀学さんや田村誠邦さん(アークブレイン)に
コラムとしてご寄稿いただきました。
ランドスケープの観点を踏まえつつ、わかりやすくいまの状況を説明していただいているので、
おすすめです!!

そのほか、東邦レオさんやリビタさんによる、
「都市緑化とリノベーション」をテーマに、不動産の所有価値を高めるビジネスの組み立て方や、
それを元にしながらどのようにコミュニティデザインを展開していくのかなど、
事業担当者や設計担当者の方にインタビューでお聴きしました。
リノベーションは、これからのビジネスとしてのチャンスが大きく広がっていくと思うので、
設計者、プランナーなど業種にかからずヒントの多い内容になっていると思います。


以上、特集についての見所紹介でした〜
次回は今号で最終回となった進士連載についてお伝えします。
お楽しみに!!

ではみなさん、MERRY CHRISTMAS☆☆


おない
[PR]

by marumo-ld | 2010-12-24 21:07 | 雑記  

グリーティングメール

おはようございます♪
今日はアメリカのランドスケープデザイン事務所
GUSTAFSON GUTHRIE NICHOLの所員さんから
素敵なグリーティングメールが届きました☆

メールに貼られた写真にぐっときてしまったので、
みなさんにもお伝えしたいなと思いました!
a0111625_4365139.jpg


ね、とっても素敵☆

22日にはランドスケープデザイン76号が発売になります。
それは編集部からのクリスマスプレゼント?ということでw

今日もよい一日でありますように。


おない
[PR]

by marumo-ld | 2010-12-21 04:41 | 雑記