<   2011年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

「水戸岡鋭治の大鉄道時代展」のお知らせ

イベントのお知らせです。
ランドスケープデザイン79号、77号で紹介いたしました、
デザイナー水戸岡鋭治氏の展覧会が、下記の通り開催されます。
この夏休みの旅行先は博多に決まり!!



>>>

水戸岡鋭治の大鉄道時代展
駅弁から新幹線まで


a0111625_144102.jpg


JR九州の車両デザインをはじめとする公共デザインについて水戸岡鋭治とDON DESIGN ASSOCIATESが25年間続けて来たデザイン活動を一堂に展示します。アイデアスケッチにはじまり、レンダリング、イラストレーション、グラフィックデザイン、エディトリアルデザイン、ユニフォームデザイン、プロダクトデザイン、アーキテクトデザイン、インテリアデザイン、ファニチャーデザイン、テキスタイルデザイン、ライティングデザイン、ランドスケープデザイン、映像によるプレゼンテーションの展示です。特に子ども達にこれからの公共の駅と乗り物について楽しんでいただきたく企画しました。笑顔と笑いが生まれる大鉄道時代展を演出します。

会期:2011年8月3日(火)〜24日(水)
会場:JR博多シティ9F JR九州ホール・3F改札口ほか
主催:水戸岡鋭治 九州旅客鉄道株式会社 JR博多シティ


なお、水戸岡鋭治氏の仕事について紹介した号は、
ランドスケープデザイン79号
ランドスケープデザイン77号
です!!
[PR]

by marumo-ld | 2011-06-24 14:30 | イベントのお知らせ  

LANDSCAPE DESIGN 79号発売!

こんにちは。
みなさまお元気ですか?
すでに夏バテ気味な副編です。
はたしてこの夏乗り切れるのか!?
とはいえ、やること多き日々ですので、
がんばりたいと思います!


さて、23日でランドスケープデザイン79号が発売となりました!
表紙はめちゃ爽やかですよ〜ぜひオフィスに一冊。
体感温度が下がりそうですよね!!

a0111625_12404849.jpg



以下、今号の見所紹介です!!

特集は二つ。(お得!)
一つめは、「現地で動き出した震災復興計画」
東大大学院都市工学専攻の石川幹子研究室の岩沼市に置ける復興プランニングを
大特集しています。
石川先生が3.11からこの3ヵ月、何を考え、どう動かれていたのか、
先生の語り書きに加え、プランニング内容を一挙大公開。永久保存版です!
その他、
・東北3大学の学生が取り組んだ、「特別オープンデスク」の活動報告
・遠野クイーンズメドウカントリーハウスが構想する「プランニング交流セミナー」
・ボランティアセンターから自然学校へ発展する「RQ市民災害救援センター」の動き
などを紹介しています。
ぜひご覧ください。

二つめの特集は、
「街と鉄道をつなぐ 駅のランドスケープ」
JR九州は新幹線の開通で話題となっておりますが、
なかでもJR博多駅およびJR博多シティに注目。
多くの鉄道をデザインしている水戸岡鋭治氏により、
屋上庭園「つばめの杜ひろば」をはじめ、トータルプロデュースされています。
今号は、77号に続いて、水戸岡鋭治氏の仕事にフォーカスをあて、
空間づくりにおける考え方、たぐいまれなこだわり、独自の哲学などを紹介。
鉄道だけではなく、駅やその街自体を含めたランドスケープデザインとなっています。

そして、続いて紹介するのがJR大阪駅
JR博多駅から2ヵ月後のオープンでしたが、なんとここでも、水戸岡氏が空間プロデュース。
駅を挟む南北の駅ビルに、異なるコンセプトを持つ8つの広場に、水戸岡ワールドが広がっています。

その他、
現在進行中のJR大分駅を中心とした、「大分都心南北軸整備事業」の取組みを紹介。
これは、77号の岩見沢駅舎をデザインした、ワークヴィジョンズの西村浩氏によるものです。
北に南に、大活躍中の西村さんに目が離せません!


ワークスでは、
・立正大学熊谷キャンパス再開発 オンサイト計画設計事務所+石本建築事務所
・南青山サンタキアラ教会 創建築設計事務所+スタイル イズ スティル リビング
・東寺ー桜を建立する 白砂伸夫

を紹介しています。

その他にも、大阪・梅田の壁面緑化「NU」の開発についてや、
企業の生物多様性の取組みなど、盛りだくさんです。

ぜひ、お手に取ってご覧ください。
お申し込みはこちらから!!
[PR]

by marumo-ld | 2011-06-24 13:07 | LD編集部からのお知らせ