11/2山崎亮の仕事術レポート!!

こんばんは。
副編のおないです。
すっかり遅くなってしまいましたが、
11月2日に世田谷ものづくり学校で開催しました、
studio-L代表の山崎亮さんのレクチャーイベント、
特別授業「山崎亮の仕事術」のレポートをお伝えします♪

この企画はもとをたどれば、twitter上で生まれた企画で、
リクルート住宅総研の島原万丈さん
「山崎亮さんの話をもっと聞きたい」というつぶやきに尾内が反応し、
このようなイベントを開催することになりました。

内容はこちら
1時限目は山崎さんのレクチャー
2時限目は“山崎ウォッチャー”尾内から山崎さんへのインタビュー
3時限目の「自画持参(BYO)」の実践ワークショップ
といったもの。

司会の島原さん。夢想のチャイムが鳴り。いよいよ授業の始まりです。
a0111625_131961.jpg


山崎さん登場!あ、まぶしい。笑
a0111625_12676.jpg


先生が教室に入ってきたら…?もちろん挨拶から!
学級委員長の尾内より「起立!礼!」そして、「お ね が い し ま す!」
皆さん元気に挨拶することができました☆
a0111625_0194678.jpg


ちょっと照れ笑いの山崎さん。
1限目はさっそく山崎さんによるレクチャーです。
内容はこれまでの軌跡を辿る、三つの仕事。
・有馬富士公園のパークマネジメント
・島根県海士町の総合振興計画
・鹿児島市のマルヤガーデンズのマネジメント
について。
山崎さんのスピード感ある話に高揚していく生徒の皆さん。
あっという間に50分が過ぎて行きました。
a0111625_025629.jpg

生徒は総勢40名で、大きな大人のみなさんが、
教壇に立つ山崎さんの言葉を聞き入るとっても不思議な光景でした。笑

2限目はわたくし尾内が山崎さんへインタビュー。
「山崎ウォッチャーが知る、山崎亮を語る7つのキーワード」
というテーマでまとめました。
実は何も打ち合わせはしていなかったので、
途中で山崎さんの顔を真っ赤にしちゃう事件も。笑
詳しくはUSTをご覧ください☆
a0111625_0273983.jpg


3限目は、山崎さんがファシリテータとなって行うワークショップを全員で体験。
自画持参(BYO)」という手法を用い、「2050年の街と住まい」について考えました。
a0111625_0293516.jpg


そのとき出た質問はこちら。
a0111625_1231912.gif


放課後は近くのレストランで懇親会。
とても楽しい一日になりました!

運営上、いろいろ足りない面はあったかもしれませんが、
少しでも多くの方に山崎さんの仕事を知ってもらい、
みなさんの実務に生かしてもらえたら幸いです。

山崎さん、参加してくださった生徒のみなさん、
ありがとうございました!!


録画したUSTはこちら

山崎亮さんのtwitter @yamazakiryo
studio-LのHPはこちら
[PR]

# by marumo-ld | 2010-11-17 00:54 | イベントのお知らせ  

出張の報告

こんばんは。
副編のおないです。
今日はとっても寒かったですね。
私は昨日まで関西に居たのですが、
芯まで堪える寒さで、凍えながら撮影をしていました。

さて、ちょっぴり雑記として出張報告。
12〜15日まで東京を離れていました。

12日は豊橋市・保健所/保健センターへ見学。
充実した施設機能と、広々とした庭が印象的でした。
午後は名古屋市内で書店まわり。
名古屋のランドスケープ・アーキテクトさんに教えていただいた、
正文館書店さんは、とっても個性的なお店で、
品揃えも通な感じでした。
また行ってみたいです。

13日は午前中は京都の桂川に行き、
地元で腕を振るう造園家さんのお庭を見学してきました。
お邪魔したのは、斉藤造園さん。
おじいさまから代を受け継ぎながら、
20代の若い職人を育てていこうという姿勢に感銘を受けました。
午後は、京都造園協同組合主催の連続公開講座、最終回に参加。
最後は植芳造園の代表井上剛宏氏によるレクチャーで、
京都の庭の心について、実作を元に紹介していただきました。
夜は関西を中心に活躍するランドスケープ・アーキテクトさんたちの集いに参加。
ま、飲み会なんですけど。笑
職人さんの屈託ない笑顔に元気をもらいました。

14日は西本願寺へ。
この日は史跡美術同好会の見学会もあり、
主催者の方のご好意で一緒に参加させていただきました。
(写真がそのときの様子)
このお庭を管理しているのが京都にある花豊造園さん。
社長の山田拓広さんは、現在京都造形芸術大学の大学院にも通われ、
庭園研究に励んでいるそうです。
庭園の復元修復に携わる事の多い造園家として歴史を勉強するべきだ。
という気持ちで続けられているとか。
夜は前々から行ってみたかった、宇多野ユースホステルへ。
施設は新しくて居心地の良く、かつ安く、おすすめです。

15日は早朝から撮影。
京都の聖母女学院のリニューアル整備計画を取材。
心から凍える一日に何度もくじけそうになりました。
夕刻のライトアップはカメラマンさんにお任せし、
早めに帰京。
4日ぶりの我が家へと戻りました。

長い旅路では、たくさんの出会いがあり、
その出会いがまた、私を次の出会いへと向わせます。

いつもありがとうございます。
明日は来年の企画を決める編集会議です!


おない
a0111625_23402265.jpg

[PR]

# by marumo-ld | 2010-11-16 23:45 | 雑記  

IFLA アジア太平洋会議開催

IFLA APR Congress (Asia Pacific RegionalCongress) =イフラ・アジア太平洋会議が、タイ・バンコックで開催する。タイ・ランドスケープ協会(TALA)Thai Association of Landscape Architectsが中心になり行われ、東南アジア地域を含む、アジア独自の役割などに基づいた、5氏によるパネルディスカッションや、独自のプログラムが用意される。詳しくはHP 参照。
期間/ 2011 年1 月19 日㈬~ 21 日㈮
パネラー/シンガポール(ランドスケープアーキテクト)Mr. Franklin Po 中国(北京大学)、Mr.Prof.
Kongian Yu、タイ(PLAランドスケープ事務所)Mrs. Wannaporn Phornprapha 、タイ&オース
トラリア(ランドスケープアーキテクト)Mr. ThadSomporn Patradoon、タイ(ランドスケープアーキ
テクト)Dr. Pornthum Thumwimol.

Web:http://www.ifla-apr2011.org/
E-mail:info@ifla-apr2011.org

[PR]

# by marumo-ld | 2010-11-02 16:25 | イベントのお知らせ  

twitterはじめました!!

こんにちは。
ランドスケープデザイン編集部のおないです。
今日から、弊社公式twitterをはじめました。
アカウントをお持ちの方は、ぜひフォローください。

アカウント名 @marumo_p
http://twitter.com/marumo_p

ブログの更新や、最新情報、LDとMGの新刊案内などをつぶやきます。
どうぞ、よろしく御願いいたします★
[PR]

# by marumo-ld | 2010-10-22 17:06 | LD編集部からのお知らせ  

木津川遊歩空間アイデアデザインコンペ募集のお知らせ

みなさんこんばんは。
今日は夏に戻ったような暑さでしたね。
明日からは一気に秋模様となるそうです。
風など引かないよう体調管理はしっかりしたいですね。

さて、今日のお知らせは大阪府のコンペ
「木津川遊歩空間アイデアデザインコンペ」の募集案内です。

>>>

大阪府では、大阪ミュージアム構想の下、「おおさかカンヴァス推進事業」を進めており、
その中の「コラボカンヴァス事業」の一つとして、府民文化部と都市整備部が連携して、
木津川のウォールペインティングと遊歩道整備を一体的に行うとともに、デザイン面を
重視した新しい公共事業の実施体制を作り出すための社会実験を進めていくこととしました。
 このたび、木津川の遊歩空間アイデアデザインについて、下記のとおりコンペ方式により募集します。

                                   記

1.コンペの名称
公開 木津川遊歩空間アイデアデザインコンペ

2.対象場所    
一級河川 木津川 (千代崎橋から松島橋までの右岸)
大阪市西区千代崎一丁目

3.募集期間
平成22年9月21日から10月29日まで

4.応募条件等  
「公開 木津川遊歩空間アイデアデザインコンペ募集要領」をご覧ください。

5.審査員
嘉名 光市(大阪市立大学大学院 工学研究科 都市専攻准教授)
忽那 裕樹(株式会社E-DESIGN(イーデザイン)代表取締役)
芹沢 高志(アート・プロデューサー、P3 art and environmentエグゼクティブディレクター)
曽我部 昌史(建築家、神奈川大学教授、みかんぐみ)
永田 宏和(株式会社iop都市文化創造研究所代表) 

6.審査基準   
本コンペの趣旨と木津川の地域特性、木津川全体及び対象エリアに対する考え方等を
踏まえているか、実施可能性 など

7.賞金      
30万円(最優秀受賞者1人)

8.審査結果   
平成22年12月中旬に西大阪治水事務所のホームページ
 (http://www.pref.osaka.jp/nishiosaka/information/index.html)にて発表

9.問合せ先  
 西大阪治水事務所 水都再生課(06-6541-7772)

>>>

その他、詳しい内容についてはHPをご覧ください。
http://www.pref.osaka.jp/nishiosaka/contract/kidugawakonpe.html

みなさんのアイデアがかたちになる日を楽しみにしています!


ふくへんより
[PR]

# by marumo-ld | 2010-09-22 19:26 | イベントのお知らせ