マルモ出版は、国際エクステリアEXPO・ガーデンEXPOに出展しています!

a0111625_20343757.jpg
幕張メッセで昨日より開催されている「国際エクステリアEXPO・ガーデンEXPO」には、
マルモ出版もブースを出展しております。同時に、道工具、作業用具、花、農業資材などの展示会も開催されており、その規模は国内最大級。平日ながら来場者数も相当の者でした。



a0111625_2035245.jpg
マルモ出版のブースです。
ランドスケープデザイン、マイガーデンをはじめとした弊社出版物を一挙に紹介。
以前よりお世話になっている黒田ハーブ農園様との共同で出展しております。



a0111625_20361498.jpg
 
a0111625_20352895.jpg
やはり目を惹くのは、黒田ハーブ農園様の「ハーブな絨毯」。
昨年に引き続き、ブース内で紹介させていただきました。
踏めばハーブの爽やかな香りが立ち上ります。とはいえ、見た目は立派な植生マット。何も知らない人は踏まないよう気を付けてしまいますよね……。見た目の美しさ+αの魅力を持つ、画期的なマットです。



a0111625_2035432.jpg
マイガーデンのショッピングページで紹介されている商品も、実際にブース内で展示・販売しております。前号で紹介したマフラー等を実際に手に取ることができますよ。



a0111625_203604.jpg
お昼を過ぎた頃になると、ブースも大盛況!雑誌の売れ行きも好調でした。
この展示会を除くと、マルモ出版として展示会に出展することはあまりありませんので、こうして多くの方に直接出版物を紹介できる機会は結構貴重です。


展示会は10月9日(水)~11日(金)10:00~18:00で開催しています。
ただし、明日が最終日。最終日は17:00となっています。
この機会にランドスケープデザインおよびマイガーデンの大幅な割引販売を行っていますので、興味をお持ちの方、バックナンバーをそろえたい方などいらっしゃいましたら、ぜひお越しくださいませ。

(マルモ出版 編集部・中村)
[PR]

# by marumo-ld | 2013-10-10 21:20 | イベントのお知らせ  

「第76回東京インターナショナル・ギフト・ショー」へ

a0111625_20522677.jpg
やっぱり私が外出した時に限って熱い気が……(汗)

それはさておき、東京ビッグサイトで開催中のギフトショーへ行ってまいりました。
私がこれまでに訪問してきたイベントと比較し、特筆すべきはその規模。
巨大なビッグサイトの展示スペースを「全て」使っていますので、出展企業数は相当のもの。開場から閉場まで1日十分に楽しめるスケールでした。言い換えるなら、1日で全て回るのは体力的にも厳しいものがあるかと。数日に分けて行った方が、より満喫できることでしょう。

……一応、私は1日で全て回り切りました。
足が棒です(笑)




a0111625_2052398.jpg
最大級に展示スペースを使っているにも拘らず、場所によってはすれ違うのも大変なほどの人の多さ。扱うギフトのジャンルが物凄く多岐に亘るため、お客さんの層も自ずと広くなるということでしょう。

ちなみに、メインは生活雑貨
雑誌「MyGARDEN」で採り上げるような、お庭やエクステリア関連の資材も多く見られました。



a0111625_2057226.jpg
東宝さんのブース。
ゴジラファンなので思わず立ち止まりました。
歴代シリーズの紹介もされています。なつかしい!



a0111625_2053651.jpg
中国始め、海外企業の出展ブースも。



a0111625_20555743.jpg
色とりどりのインテリア。エレガントさを演出。



a0111625_2056182.jpg
ホールだけでは足りなかったのか、ロビーにまで展示スペースが広がっています。



ギフトショーは本日9月4日から明後日の6日(金)まで開催中。
ちなみに今年は『アクティブなライフスタイルを楽しむ「アウトドアリビング」』をテーマとして掲げており、オーガニック製品やエクステリア系の商品が多かったように感じました。MyGARDENはもちろん、ランドスケープデザインの読者の皆様にも、興味深い品が色々と見つかるかもしれません。

(マルモ出版編集部:中村)
[PR]

# by marumo-ld | 2013-09-04 21:36 | 雑記  

「JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2013」に行ってきました

a0111625_2058182.jpg
お久しぶりでございます。
ここのところ2誌の入稿でなかなか動けませんでしたが、
ようやく落ち着きましたので幕張メッセのイベントに行ってまいりました。
何気に、ビッグサイト以外のイベントを訪問するのは久しぶりかも?


a0111625_21162693.jpg
来場者数はなかなかのもので、大盛況!
印象に残ったのは、家族連れがかなり多かったことでしょうか?
子どもや女性向けのイベントが色々催されていたのが、理由の一つかと。
これまでの環境展などを始めとしたイベントとは、その辺で一線を画していました。


a0111625_20582469.jpg
アジアを中心とした、海外企業の出展ゾーンも。
どこか東南アジアの街並みを思わせるブースの並び方。


a0111625_2139359.jpg
「DIY女子」というのが、今回の一つの大きな目玉だったようです。
この特設ブースに限らず、今回のイベントでは全体的に女性客を取り込もうという意欲が強く、
出展企業様の中にも女性向けの製品やサービスを紹介されているところが多くありました。

特設ブース内(右)では、講師の指導の下で女性来場者が工具を実体験。
DIYがテーマであるゆえか、こうした来場者が「実体験」できる催しが多いのも大きな特徴です。
実際に手に持って、使うことで魅力を知る――大事なことです。


a0111625_21161339.jpg
子ども向けの実体験教室も開催していました。
工具の基本的な使い方を、年配の方から伝授されています。
個人的に、学生時代の技術の授業を思い出しました。何度怪我したかわかりません(汗)


a0111625_2116030.jpg
園芸のプロの方も参加し、製品を用いたデモンストレーション及び実体験教室を実施。
園芸のみでなく、柵や壁面、その他お庭の資材などを自ら工夫したいという女性が増えれば、
お庭造りの世界も、従来とはガラリと変わったものに進化していくかもしれません。

植物、外壁、資材その他、各要素をトータルに考えれば、
お庭をつくり、育てていく中でまた新しい喜びが見つかるかもしれません。
ひいては日本の庭園文化全体の進歩に繋がるのではないかと、個人的には期待しています。


a0111625_211639100.jpg
帰り際、海浜幕張駅前にて。
それにしても今日はいいお天気でしたが、久々に猛暑が復活してきたような気が……。
例年、この時期はまだ残暑が厳しいです。
ありきたりかもしれませんが、皆様も熱中症にはくれぐれもご注意ください。


(マルモ出版編集部:中村)
[PR]

# by marumo-ld | 2013-08-30 21:59 | 雑記  

鎌倉はアジサイの街(国際アジサイ会議・見学会に参加しました)

6月10~11日に鎌倉で開催された「国際アジサイ会議」の一環として
市内のアジサイを見学するイベントがあり、私も参加させていただきました。

アジサイの原産国は日本であり(まれに中国と誤解されていることがあります)
原種のガクアジサイをはじめとして、数多くの野生種が自生しています。
そうした背景もあり、国際的なアジサイのイベントである本会議が
アジサイの名所として有名な神奈川県鎌倉市で開催されたとのことです。

実際、平日昼間で雨天にもかかわらず、この日の鎌倉は大盛況。
国内外・老若男女問わず多くの観光客で賑わっていました。



a0111625_12235134.jpg
朝9:30に北鎌倉駅に集合。
あいにくのお天気ですが、逆にアジサイには曇り空がマッチするかも?



a0111625_1225694.jpg駅前のお食事処にて、お店の前にもアジサイが植栽されていました(写真右下)。ここに限らず、庭先や玄関先などにアジサイを植栽している御宅が、鎌倉では至るところに見られます。



a0111625_13525082.jpg
数ある鎌倉のアジサイの名所の一つ、明月院へと向かう道。
アジサイが道端に植栽されており、この時期は満開で最大の見頃です。



a0111625_13555818.jpg
明月院入口。
大変な賑わいです。これは土日なんかだと大変なことになっていそう……。



a0111625_143343.jpg
ここで植栽されているアジサイは、9割以上がヒメアジサイという種。
一般的にイメージされるこんもりとした「手鞠咲き(左写真)」と、
円状に一部のみが咲く「額咲き(右写真)」の2種類の形があります。

ちなみに会議で伺った話ですと、野生種のアジサイは基本額咲きだそうです。
一部の突然変異種を除き、手鞠咲きは園芸種だとか。
庭先を彩るために、より見応えのある種を作り出したということでしょう。



a0111625_16365833.jpg
アジサイ以外に、敷地内にはバラなども多数見られます。



a0111625_16405576.jpg
左は鎌倉幕府の5代執権 北条時頼の墓所です。周囲にはアジサイの植栽も。
その他、寺院の周囲で随所にアジサイが配され、落ち着いた色合いを楽しめます。
美しい寒色の花々を見学していると、少しはこの蒸し暑さも和らぐ……かな?(汗)



a0111625_1648986.jpg
左右をアジサイに囲まれた石段。
院内でも最も間近に花を楽しめるスポットです。



a0111625_16543929.jpg
明月院を離れ、鶴岡八幡宮方面へ。
道中の「亀ヶ谷坂」にもアジサイが豊かに咲いていました。


a0111625_16571430.jpg
その他、前述の通り随所でアジサイが見られました。
左から順に、民家の庭先、鉄橋脇の河川敷、道路脇の法面。



近年の生物多様性への関心の高まりを反映してか、
お庭に山野草や在来植物を取り入れた事例が増えつつあると感じています。
今後、アジサイへの注目が急激に高まって行く可能性は大といえるでしょう。
ぜひ注目していきたいところですね。


(マルモ出版編集部 中村桂祐)
[PR]

# by marumo-ld | 2013-06-14 17:23 | 雑記  

New環境展で「緑のハンドブック」が販売されました!

かなり遅れての事後報告になってしまいまして、申し訳ありません……。
先日ビッグサイトで開催された「New環境展」におきまして
弊社発行の書籍「東京緑のハンドブック」が販売されました。
環境展の記録と共に、その様子をお伝えいたします。


a0111625_21463658.jpg
エントランス。
2日間ほど赴きましたが、今年は幸運にも両日天気に恵まれました。


a0111625_21465757.jpg
ホール全体を使っての大イベント。
初日のかなり早い時間帯に行ったためか、まだ比較的空いていました。
このあと一時間もすると人だらけになってしまいましたが。


a0111625_21485198.jpg
大型重機や破砕機、プラントなどの現物がズラリ……
この辺はエコプロ辺りとは違う、環境展ならではの特徴かもしれません。
やはり存在感は圧倒的ですね。


a0111625_21512535.jpg
晴天のおかげで屋外ブースも元気に稼動。
こちらも、重機系の展示が多かった気がします。


いやしかし、晴天はいいのですが気温が高い高い……
おまけに会場中を歩き回っていましたもので、とにかく暑かったです。
5月なのに汗まみれ……。

と、そんな私に救いの手が↓

a0111625_21524235.jpg
ミストで快適!
気温上昇を見越してか(?)この手の展示を結構見かけました。
毎年熱中症騒動が起きる昨今、屋内外問わずこうした設備は需要が高いはず。
公園のベンチの近くなどに導入すれば、景観面でもプラスの効果が期待できそうです。
お子さんやお年寄りなどが喜びそう。


涼んで(笑)生き返ったところで、いよいよ目的の書店ブースへ。
ハンドブックの販売状況を確認しに行きました。↓

a0111625_21584249.jpg
しっかりと棚に置いていただけていました。
こうしたイベントで置いていただけるのは実に嬉しいこと。
ご担当の皆様、本当にありがとうございます。


a0111625_2224926.jpg
ハンドブックからみで、一点注目。
このビッグサイトにもツル性植物による大きな壁面緑化が施されています。
近づいてみると、ちょうど白い花を咲かせていました(右上参照)。
こうした物件は随時チェックし、今後に活かしていきたいところです。



≪おまけ(東京ビッグサイト 屋外の自然)≫

a0111625_2272998.jpg
上記の壁面緑化のほか、ビッグサイトのエントランス前には随所に「緑」が見られます。
円柱状の壁面緑化(ツル植物使用)をはじめ、植栽も結構豊富。
こうした緑はお台場海浜公園の方まで「線」として繋がっており、
緑のネットワークが形作られています。


a0111625_22152332.jpg
すぐ近くの木にオナガの姿が。スマートで青色が涼しげな鳥ですが、
ギューイギュイギュイギュイギュイ……とうるさく鳴くのがタマにキズ。
こうした野鳥も結構見られます。



意外なほどに「自然」を意識したまちづくりが進められていると実感しました。
それほどの距離ではないので、一度ビッグサイトからお台場まで歩いてみるのも
いいかもしれません。ただし、くれぐれも熱中症にはご注意ください。

(文・写真=マルモ出版編集部 中村桂祐)
[PR]

# by marumo-ld | 2013-05-31 22:21 | 雑記