「2012 New環境展」「地球温暖化防止展」に行ってきました

a0111625_18595095.jpg

 先週に引き続いて、今週も東京ビッグサイトへ。
 New環境展および、同時・同会場開催の「地球温暖化防止展」に行ってまいりました。展示スペースが非常に大きく、とても1日では回り切れなかったので(汗)火曜日と木曜日の2回に分けて訪問。おかげさまで、たくさんのブースをしっかりと見て回れて、色々貴重な話も伺えました。


a0111625_193320.jpg

 使用されていたホールは、環境展と地球温暖化防止展とであわせて2ホール。1日目は主に環境展をのブース巡り。建設・土木現場で使われる重機やリサイクルプラントなどの展示が主軸でした。破砕機や重機等の現物を展示されているところも多く、迫力は満点。屋外ブースでの展示もありましたが、この日はあいにくの雨……。少し残念でした。
 そのほか、環境(廃棄物)をテーマにした絵の展示会も行われていました。中には、現役のマンガ家さんたちの作品も!


a0111625_19171147.jpg

 2日目は、主に地球温暖化防止展のブースへ。
 今後、ランドスケープにおいて大きな役割を担うであろう壁面緑化・屋上緑化関連の展示が多く、嬉しい限りです。偏に緑化といっても、使われる植物はコケ・芝・大き目の植物など多彩。植物にストレスを与えないよう、上向きに成長できる造りの壁面緑化など、各社ごとに様々な工夫がなされていました。他には、太陽電池や間伐材を使った建築資材など、CO2削減に向けての多種多様な試みを見させていただき、大いに勉強になりました。


a0111625_19282614.jpg

 企業以外に、大学の研究室などによる展示もありました。
 上の写真は、小さいながらもちゃんとしたビオトープ。メダカ(左下円内、写りが悪くてすみません)とタニシが確認できました。こうした小さなビオトープのユニットを連結させることで、さらに大きな野生生物を呼びこむための試みが進められているそうです。都市緑化に向けて、期待が高まりますね。


 ほぼ歩きっぱなしでさすがに疲れましたが、見応え十分で充実した2日間でした。1日目にあまり見られなかった屋外ブースも、2日目に無事見て回ることができました。「環境の時代」を迎えた今、次年度も更なる発展を願っています。

※上記写真は、ブース担当者の許可を得て撮影したものです
[PR]

# by marumo-ld | 2012-05-25 19:37 | 雑記  

「朝日 住まいづくりフェア2012」に行ってまいりました

a0111625_1515019.jpg

 5/18(金)より東京ビッグサイトで「朝日 住まいづくりフェア 2012|住宅設備・建材EXPO 2012」が3日連続で開催されました。さっそく初日に行ってまいりましたが、先日の西武ドーム(国際バラとガーデニングショウ)に続いて大変な賑わいぶり。建築・建材・不動産関係の方を始め、幅広い業界・年齢層の方が一堂に会していました。



a0111625_151909.jpg

 受付を済ませてさっそく会場内へ。出展内容は「注文住宅」「住宅設備・建材」「スマートハウス」「住宅リフォーム」「ガレージング」の5つのジャンルに分かれており、この内スマートハウス関連の展示は国内初開催です。太陽光発電や蓄電池等を用いてエネルギーを管理・制御するシステムなど、次世代に向けての新しい住宅の形が紹介されていました。
 出展者の多くが建築・建材業界の方だけに、模型等の展示はもちろん、ブースひとつを採っても「おっ」と目を引くものが多かったです。大型のブースでは座席が並べられ、出展者による講義なども催されていました。



a0111625_15205917.jpg

 ここは「住まいの環境デザイン・アワード2012」の優秀作品展示ブース。近年の環境に対する意識の高まりもあり、省エネや自然をとり入れた施工例が多く見られました。また、景観という視点から見ても優秀なものばかりです。ぜひ一度、実物の建築を見てみたいものですね。



a0111625_15311782.jpg

 工具を使った実演をしているブースもありました。右の写真は、来場者による「かんな」の使用体験。やはり苦戦していました。その後、職人の方が自ら見本を見せると、ギャラリーからは感嘆のため息と拍手喝采! 匠の技には脱帽するばかりです。



a0111625_15352789.jpg

 とりわけランドスケープに強く関わってくる「住宅設備・建材」の紹介スペースは、特に念入りに回って参りました。景観面や環境に配慮した外壁や、床面の緑化、塗装材、エクステリアを彩る設備の数々……。自分の住宅に導入されたシーンを思い描くと、それだけでワクワクしてきます。出展者の皆さまからは熱心に展示内容の説明をしていただきましたが、初めて聞くタイプのサービスも多く、大変勉強になりました。

 開会から終了時刻(17:00)まで歩き回り、どうにか全てのブースを見て回ることができました。建築・建材業界は日々進化を続けていますし、今から次年度が楽しみですね。



a0111625_1541070.jpg≪おまけ≫
 これは展示会場前をウロウロしていたムクドリ。
 1羽だけならかわいいものですが、近年都心部で大量に発生して問題になることも多い鳥です。本年度の会場でも、ムクドリ対策用の仕掛けなどが紹介されていましたが、そこの出展者の方曰く「安易に鳥にエサをあげてしまうことが一番の問題」とのことでした。もっともな話です。
[PR]

# by marumo-ld | 2012-05-21 15:48 | 雑記  

第14回 国際バラとガーデンショウ

a0111625_20411287.jpg

 毎年開催される「国際バラとガーデンショウ(会場:西武ドーム)」に、今年も行ってまいりました。心配だった天候にも恵まれ、駅前からドームまでは見事な盛況ぶり。バラを始めとした色とりどりの花が迎えてくれました。入口までの通りにも販売・展示のブースがズラリと並びます。所々に配置された鉢や展示ブースのデザインが中世ヨーロッパを彷彿とさせ、ふと、日本にいることを忘れてしまいました。


a0111625_2034324.jpg




バラに囲まれたカフェ。
甘い香りが漂います。

a0111625_2037587.jpg




        みつを求めて、チョウもやってきました。
                  (写真はセセリチョウ)


a0111625_2045186.jpg

 いざ会場の中へ。販売ブースと展示ブースがほぼ50:50の割合で並んでいました。
 販売ブースではバラの花を始めとして、ハサミやジョウロなどの園芸用品、ベンチなどのガーデンファニチャー、天然物由来で環境にやさしい肥料や園芸薬品、バラをモチーフとしたアパレル商品や香料、飲料やジャム、雑貨など、商品のバリエーションは実に豊富です!(とてもここでは書ききれません!) どこのブースにも、熱心に商品の説明をする担当の方と、真剣に耳を傾けるガーデン愛好家の皆さんの姿が。鮮やかな色彩と活気にあふれた空間でした。



a0111625_20583972.jpg

 今度は展示ブースへ。
 バラを主役としたガーデン展示が多いのに合わせ、ヨーロピアンな街灯を配置するなどの工夫がなされています。出展者は企業や大学生などさまざまですが、その展示内容も多彩です。おとぎ話のようなかわいらしいお庭に、アヤメなどを軸とした落ち着いた日本庭園、あたかも数千年の時を経たかのような古代遺跡風の庭園など、観る人を飽きさせません。
 嗚呼、我が家の庭もこういうふうにしたい!!


a0111625_2155357.jpg

 東京都心部をイメージしたガーデン。
 東京タワー、首都高、高層ビル群などが見られます。
 来年は、やはりスカイツリーも加わるのでしょうか? 楽しみです。



a0111625_2152583.jpg

 オープンな西武ドームならではというか、会場内にも小さなお客さん(?)が。
 彼らにしてみれば、あちこちに「ごちそう」が並んでいるようなものですよね。さすがにハチには驚かれた人も多かったようですが、日頃草花に親しむ中で慣れているのか、乱暴に追い払われたりすることはありませんでした。(左:クロアゲハ、右:ミツバチ)


a0111625_2192131.jpg

 最近では生物多様性への注目が集まっていますが、ここの会場にも、多くの生きものをはぐくむ「里山」をモチーフにした展示ブースがありました。ミニ田んぼの中で元気に泳いでいるのは、近年数が少なくなってきているアカガエルのおたまじゃくし。いずれは自然に帰されるそうです。


a0111625_21104362.jpg 5時間以上も歩き回って、ようやく帰路へ。さすがに疲れましたが、気持ちは晴れやか。バラを軸とした花々が織り成す豊かな色彩と、細部にまでこだわったガーデンデザイン、数々の園芸商品に、出展者の皆さんの活気……さまざまな要素が組み合わさって、なんとも心地よい空間をつくりあげていました。

 来年もまた、必ず行かせていただきます!
[PR]

# by marumo-ld | 2012-05-17 21:14 | 雑記  

平成24年度日本造園学会全国大会を開催いたします。

平成24年度日本造園学会全国大会を下記の日程で開催いたします。

弊社の書籍『復興の風景像』
5月19日(土)Uホール白鷺 ホワイエ 受付横
5月20日(日)B3棟 1階 107小講義室(さくま書店等の書籍販売と同じ場所、ポスター展示会場となります。)で販売します。

http://www.marumo-p.co.jp/books/fukkou_fukei/tabid/157/Default.aspx



★2012年5月18日(金)13:45~19:30(受付13:00~)
フォーラム,意見交換会
会場:国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)
○フォーラム「泉北ニュータウン再生を先導する泉ヶ丘駅前地域のパブリックスペースデザイン」
・第1部:学生公開アイデアコンペ一次審査選考作品プレゼンテーション
・第2部:学生公開アイデアコンペ作品から読み解く-泉北ニュータウン再生を先導するパブリックスペースデザイン
多目的ホール 13:45~17:30
○意見交換会 研修室3・4 18:00~19:30

★2012年5月19日(土)10:00~20:30(受付9:30~)
総会、学会賞表彰式・受賞者講演会,学生公開アイデアコンペ審査結果発表・表彰式,震災復興支援シンポジウム,ポスター展示,学生公開アイデアコンペ作品展示会,大会企画展示,交流会
会場:大阪府立大学中百舌鳥キャンパス

○総会 Uホール白鷺 10:00~11:30

○学会賞表彰式 Uホール白鷺 11:30~12:15

○学生公開アイデアコンペ審査結果発表・表彰式 Uホール白鷺 12:15~12:30

○学会賞受賞者講演会 Uホール白鷺 12:30~13:30

○震災復興支援シンポジウム
第1部:震災復興支援ワークショップ
・災害対策・復興に貢献する造園分野の技術とは B3棟117大講義室 14:00~15:45
・復興の風景像 B3棟118大講義室 14:00~15:45
第2部:震災復興支援シンポジウム
・ランドスケープの視点から防災と震災復興を展望する Uホール白鷺 16:00~18:00

○ポスター展示・学生公開アイデアコンペ作品展示会・大会企画展示
B3棟106-108小講義室10:00~18:00

○交流会 学術交流会館 多目的ホール 18:30~20:30

★2011年5月20日(日)9:30~18:30(受付9:00~)
研究発表会(口頭発表),教育職能フォーラム,ミニフォーラム,ポスター展示,学生公開アイデアコンペ作品展示会,大会企画展示等
会場:大阪府立大学中百舌鳥キャンパス

○研究発表会(口頭発表) B3棟201-203, 207-208中講義室 09:30~16:45

○教育職能フォーラム B3棟 206中講義室 13:30~16:45
・造園の高度専門職業人教育と資格-現代社会が造園学に求める役割
・世界をめぐるランドスケープの教育と職能

○ミニフォーラム B3棟 201-208中講義室 17:00~18:30
・山陰海岸ジオパークのマネジメントを探る
・民間開発事業における緑地評価の意義と課題~持続可能なまちづくりのために~
・地域の風土と生活を根ざした「緑の街づくり推進」
・沿岸域利用にみる地域連携と生態系保全の可能性を探る
・公園施設の長寿命化と公園再生-新たなまちづくりの拠点創造-
・生物多様性地域戦略の計画技術
・団地林の価値
・地域との協働による自然公園の管理

○ポスター展示・学生公開アイデアコンペ作品展示会・大会企画展示
B3棟106-108小講義室10:00~18:00
・ポスター展示コアタイム 12:45~13:30

★ 参加費:大会参加費 (会員・非会員ともに) :4,000円(学生2,000円)
  交流会費 (会員限定) :5,000円(学生2,500円)
  *研究発表論文集は3,000円にて当日会場でも販売
  意見交換会費(5/18)(会員・非会員ともに) :1,500円(学生1,000円)
  (ミニフォーラム等の資料代は、別途有料となります。)

★ 申し込み:大会,交流会,震災復興支援シンポジウム等への参加は当日申し受けます。会場受付で参加費をお支払ください。

★ 大会に関する問い合わせ:〒150-0041 東京都渋谷区神南1-20-11 造園会館6F Tel:03-5459-0515 Fax:03-5459-0516

★ 堺市内の宿泊先の案内は、学会ホームページに掲載します。ご参照ください。

交通案内・会場案内
○2012年5月18日(金)
会場:国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)(〒590-0115 大阪府堺市南区茶山台1-8-1)泉北高速鉄道「泉ヶ丘駅」下車、南西へ約200m、徒歩約3分(詳細は、フォーラム案内をご参照ください。)
○2012年5月19日(土)・20日(日)
会場:大阪府立大学中百舌鳥キャンパス(〒599-8531 大阪府堺市中区学園町1-1)
南海高野線「白鷺駅」下車、南西へ約500m、徒歩約6分。
南海高野線「中百舌鳥駅」下車、南東へ約1,000m、徒歩約13分。
地下鉄御堂筋線「なかもず駅(5号出口)」から南東へ約1,000m、徒歩約13分。

a0111625_19212118.jpg


日本造園学会ホームページ
http://www.landscapearchitecture.or.jp/dd.aspx
[PR]

# by marumo-ld | 2012-05-14 19:27 | イベントのお知らせ  

「水戸岡鋭治の大鉄道時代展」のお知らせ

イベントのお知らせです。
ランドスケープデザイン79号、77号で紹介いたしました、
デザイナー水戸岡鋭治氏の展覧会が、下記の通り開催されます。
この夏休みの旅行先は博多に決まり!!



>>>

水戸岡鋭治の大鉄道時代展
駅弁から新幹線まで


a0111625_144102.jpg


JR九州の車両デザインをはじめとする公共デザインについて水戸岡鋭治とDON DESIGN ASSOCIATESが25年間続けて来たデザイン活動を一堂に展示します。アイデアスケッチにはじまり、レンダリング、イラストレーション、グラフィックデザイン、エディトリアルデザイン、ユニフォームデザイン、プロダクトデザイン、アーキテクトデザイン、インテリアデザイン、ファニチャーデザイン、テキスタイルデザイン、ライティングデザイン、ランドスケープデザイン、映像によるプレゼンテーションの展示です。特に子ども達にこれからの公共の駅と乗り物について楽しんでいただきたく企画しました。笑顔と笑いが生まれる大鉄道時代展を演出します。

会期:2011年8月3日(火)〜24日(水)
会場:JR博多シティ9F JR九州ホール・3F改札口ほか
主催:水戸岡鋭治 九州旅客鉄道株式会社 JR博多シティ


なお、水戸岡鋭治氏の仕事について紹介した号は、
ランドスケープデザイン79号
ランドスケープデザイン77号
です!!
[PR]

# by marumo-ld | 2011-06-24 14:30 | イベントのお知らせ